「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

クグロフとケーク・オ・シトロン。

e0257539_211042.jpg


クグロフとケーク・オ・シトロンを焼きました♪ 
クグロフはラム酒漬けにしていたレーズンを混ぜ込んで、お粉はエクリチュールを使ってみました。

材料もとてもリッチな配合なので、生地の柔らかさ(とろとろさ・・?)に不安を覚えつつも、
ちゃんと出来上がったことにほっと胸をなでおろししました。。
今回クグロフとケーク・オ・シトロンは知り合いの方へ贈るために作ったので、クグロフは上の写真以外に
箱に入る中サイズのクグロフが3つ出来ました。

e0257539_2165587.jpg


ケーク・オ・シトロンは先日このケーキのために作っておいた、レモンのシロップ漬けを刻んで混ぜ込んでいます。

e0257539_2192659.jpg


全部完成したのがもう外が暗くなってきた頃だったので、ギリギリに焼きあがったクグロフにシロップを打ち、
粗熱がとれるのをやきもきしながら待ち、、2つを箱に詰めて、急いで宅急便を出しに行きました。。


美味しく食べて頂けますように・・♪
[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-31 21:35 | ●お菓子

アップルレーズンパンとクグロフの型。

e0257539_1913842.jpg


前に起こしていたホシノ天然酵母を使わないとなぁ~と思いつつ、日が経ってしまいましたが
ようやく作ることができました。

牛乳で仕込んだ柔らかい生地に、りんごから出る水分のみで煮詰めたアップルプレザーブを包みました。

e0257539_1944989.jpg


りんごが入ったお菓子やパン、すごく好きです☆

私はパンを作るときはイーストか白神こだま酵母、このホシノ天然酵母のどれかを使うことが多いのですが
どれも焼きあがるパンの様子が変わってくるところが面白いな~と思いました。

ホシノはクラスト部分の香ばしさが強くて、生地もしっかりとした食感な気がします♪
焼き上がりは、いかつささえ感じられるときもあります(笑) 「押忍!」みたいな雰囲気を感じるんですよね。。


今日はこのパンを焼こうかクグロフのパンを焼こうか迷っていました。
クグロフはずっと焼きたいと思っているのですが、クグロフに合いそうなお粉やバター、レーズンなど少しずつ材料を調達していて、やっと作れそうかな、と思っています。

私、クグロフの型と形が大好きなのです。なので、クグロフの型を割とたくさん持っているのですが、
製菓器具のお店などに行っても必ずクグロフ型に目が行ってしまいます。。


大きなクグロフ型は祖母が昔から使っていたものを以前もらい、とても使いやすく、気に入っているので
それをずっと使っているのですが中~小サイズのクグロフ型はついつい買ってしまったものが多いです・・。
それにクグロフで焼くお菓子やパンは、火の通りの関係なのか・・?、とても美味しく焼ける気がするのです。。
私の好きな形のお菓子+パンのトップです・・・☆
 
[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-28 20:38 | ●パン

あたたまる、お料理。

今日は風が強くて寒い日でしたね。。外に出ていましたが、本当さを強く感じました。
でも寒くて風の強い日の夕方は空がとても澄んでいて綺麗なので、ついつい空を見上げてしまいます。

今日出掛けたついでで、図書館に行って本を返却してお料理やお菓子の本を借りてきました。

e0257539_225047100.jpg


フランスの家庭料理の本も何冊か借りてきました。前からフランスの食に興味がありましたが、
フランス語を勉強し始めてからはもっと興味を持つようになった気がします。

私はパンが本当に好きなので、パンに合う食事を知ることができるのもとても楽しいのかもしれません♪

料理の方は分からないことが多いので、、初めての人でも解り易いようなフランス家庭料理の本を借りたり、買って勉強しています。

私は日本の料理もフランスの料理も、家庭料理と呼ばれるものがすごく好きなのです!


こちらの本はスタイリングもシンプルでとても素敵でした♪
私はお皿などの食器がとても好きなので、料理本は見ていてとても楽しい気持ちになります。

e0257539_2301954.jpg


アラビアのような大きな柄の食器も、アスティエのようなシンプルだけれど他にはないない白い食器も、
とても好きです。どちらも憧れですが・・♪

e0257539_2302191.jpg


さて、今日の夕食は借りてきた本の中の一つの、クリームシチューのようなもの、「ブランケット・ド・ヴォライユ」というレシピをベースに作りました。

e0257539_2251595.jpg


本にブランケットとは、鶏や仔羊肉の「白いソース煮込み」という意味と書いてありました。。
私は鮭のクリーム煮が食べたかったので、もうその時点でこの「ブランケット・ド・ヴォライユ」という名前からはかけ離れてしまった気もしますが・・。(苦笑)ではこれはBlanquette de saumon ?・・・・わかりませんが。。
でもでも、ソースの煮込み方はこの本の作り方ですよ♪(笑・・)

普通の料理本のクリームシチューの作り方は、小麦とバターを鍋で炒めて・・という作り方ですが、
これはバターと小麦を事前に混ぜておくというところが新鮮だなぁと感じました。
それにこちらの方が小麦とバターを鍋で炒めてホワイトソースを作る工程よりも、とても作り易くて
初心者の私にも失敗が少ないな・・と思いました。そしてお味もとても美味しく出来ました!

私は本当に料理がまだまだなので、失敗を恐れず・・?!これから色々作ってみて、自分の中の美味しいお料理の枠が広がっていけたらなよいな・・と思っています。
[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-26 23:04 | ●お料理

ファーブルトン。


久しぶりにファーブルトンを焼きました♪ふっくらと煮たプルーンも入れました。

e0257539_19101198.jpg



ファーブルトンは何回か作ってきましたが、「これ!」と思えるものが作れなかったんですね。
固すぎてかたまりのような食感になってしまったり、コクが足りなかったりと。。

そもそもどういうファーブルトンが美味しいのか分からないので・・・(パティスリーなどにはあまり置いていませんよね・・?)自分が美味しい!と思えるものに近付けるべく、配合を少し変えてみました。

まず、砂糖のコクが欲しかったので砂糖の一部を三温糖に置き換えました。
そして、少し柔らかさを足すために牛乳の四分の一くらいを生クリームにしてみました。

e0257539_19184021.jpg


まだほんのり温かさが残るときに食べてみたら、固すぎずコクも増して自分の理想のものにだいぶ近付いた気がしました!

でも、この生地は焼いている途中すごく膨らむんですね。。最初マフィン型で焼いてみたのですが、
焼きあがった形はまさに麦わら帽子だったのです・・!!

焼き上がりは柔らかいけれど、すぐに型から剥がさないとくっついてしまうので剥がしてみたら、
まだ柔らかくてふにゃふにゃ~となってしまい・・・。。
味はとても美味しかったけれど、あの形は写真を撮る気にもなりませんでした。。^^;

まだ生地が残っていたので、今度はスクエア型で焼いてみたら何とか大丈夫だったのでホッと一安心です。
型選びも大切だな~と実感しました。。


少し冷やしたファーブルトンを味わうのも楽しみです♪



とてもきれいな夕焼けだったので思わずカメラを持ってエプロンを着けたまま・・、バルコニーから写真を撮りました。
e0257539_19293069.jpg

[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-25 19:35 | ●お菓子

ショコラなキャンドル。

e0257539_214268.jpg


この間、製菓材料店に買い出しに行ったら、いたる所にバレンタインの特集の材料が置かれていました。
モールドや色々なチョコレート、ラッピング。。もうすぐバレンタインなのだな~と感じました。

さて、私はキャンドルでエクレアを作ってみました。実は、本物のエクレアを作りたいと思っていたのですが
今、我が家には頂いたお菓子などがあって、私も作ってしまうと全て食べられそうになかったので
エクレアを作りたいという気持ちがキャンドルに反映されました・・・。

e0257539_2142955.jpg


2つともショコラのエクレアで、1つはプレートチョコをのせた風。もう1つはスタンダードなエクレアにしてみました。

シュー生地はクッキー生地をかぶせたような焼き上がりをイメージして。。

きっと、本当に私はエクレアが食べたかったのだと思います。。。
それと同時に、すごく本物のお菓子が作りたくなっています・・・。。少し作らない日が続くと、居てもたってもいられなくなるのです・・(苦笑)


e0257539_21144183.jpg


実物大でほんのりと甘い香りもチョコレート色のロウに入れました。


もう一つはボンボンショコラのキャンドル。入れ物もミントグリーンのロウを型に流して作りました。

e0257539_21161462.jpg


チョコレートのようなロウを、手でチョコレートの形に作っていきます。

作っている最中は本物のボンボンショコラを作っているようでした♪

透明のロウを色付けしていくのですが、美味しそうなチョコレートの色にするのには
少し時間がかかります。一色の色粉ではなく、何色か調合していってやっと深みのある焦げ茶色になります。


ボンボンショコラのキャンドルは灯してみると、チョコレートが溶け出した様になるので
よりリアルに見えます・・・♪


バレンタインには本物のショコラと、このキャンドルをこっそり忍ばせてみてはどうかと考えている私です・・・♪
[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-24 21:31 | ●キャンドル作り

編み玉イヤリングと、コットンパールのアクセサリー。

e0257539_2343690.jpg


久しぶりに手芸のことを書きたいと思います♪

基本的に私はシンプルな服装が多いのですが、イヤリングやネックレスなどを付けて
おしゃれを楽しむことが多いです。

ピアスはかわいいものがたくさんありますが、私はピアスの穴を開けていないので
未だにイヤリングなのです。。。お店には自分好みのイヤリングがなかなか売っていないので
手芸店などで材料を買って、自分で作ることが多くなりました。

e0257539_2375167.jpg


神戸へ旅行に行ったときにこのワインカラーの編み糸を見つけてから、編み玉を作りたいと思っていたので、
こんな風にイヤリングに仕上げました♪ 片方にはコットンパールをつけてみました。

e0257539_2393112.jpg


着けてみると、こんな風になります。

e0257539_2313246.jpg


このコットンパールシリーズも、どんな洋服にも合うのでよく使います♪ 
[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-22 23:19 | ●手芸

ヴィエノワズリー。

e0257539_1710020.jpg


パン教室にて、ホシノ天然酵母のクロワッサンを作りました。

バターは発酵バターだったので、折り込んでいる時からとても良い香りがしましたよ♪



イーストのクロワッサンはサクサクっとしていて、天然酵母のクロワッサンはバリバリっとしています。


中が蜂の巣のように一枚一枚が薄くなっているものや、逆に一枚が少し厚めでもっちり感があるもの。。

パン屋さんのクロワッサンを食べてみても、色々な食感がありますよね~。

私はメゾンカイザーのクロワッサンとと、ヒルサイドパントリ―の天然酵母を使ったクロワッサンが好きなんですが、
2つとも全然違う食感なので食べるたびに「なるほど~」と勉強になります♪

e0257539_2119941.jpg


今朝はサンドウィッチにしました。もうちょっと凝ったサンドも作ってみたいのですが。。。


e0257539_20105437.jpg


さて、このパン・オ・ショコラとクイニーアマン風??・・は、パン教室で捏ねてから家に持ち帰った生地で
作ったものです。

パン教室で習った折り込み方もとても美味しかったのですが、もうちょっと中に空気感を出しみたかったのと、
パリパリ感を出したかったので、家に持ち帰った生地はちょっと違う折り込み方にしてみました。

e0257539_21223590.jpg


私は学校などで製菓や製パンを学んでいるわけではないので、「こういう作り方だったらこうなるかな・・」
という風に自分で考えて試すことが多いです。(もちろんその中で失敗をすることも多々ありますが・・・)

今回はまさに自分で「こういうのはどうだろう??」と思った作り方でやってみたのですが、
もしかしたらこれはプロの人が見たら「オイオイ・・」と思われるんじゃないか・・?と思ったりしました・・・。。


でも、今までクロワッサン系を作ると好みの食感にならなかったのですが、
今回変えてみて大分自分好みの食感になってきたので、かなり自己流ではありますが
これはこれで良かったなぁ、思いました。



それにしても、クロワッサンやパン・オ・ショコラを焼いている時の部屋の香りといったら
たまらなく良い香りです♪
[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-21 21:47

チョコマーブルパウンドケーキと製作時間の音楽。

e0257539_22413319.jpg


少し久々なパウンドケーキです♪ でもこれは家用ではなくて、いとこへのプレゼントとして作りました。

プレーンの生地にチョコレートとココアをマーブルにしました。

この型は、誰かにお菓子を差し上げるときによく使います。王冠のようなクグロフのような、
おもしろい形です^^

焼きっぱなしも美味しいのですが、ココアアイシングとナッツでちょっとおめかししました。


e0257539_22505038.jpg



パウンドケーキといえば以前、自分の理想に行きつくまで色々な作り方や配合を試したことがありました。


シンプルな焼き菓子ですが、作り方もいろいろあってどれが一番美味しいのだろう・・?と思い、
ありとあらゆる配合や作り方を試して、たくさん焼いたことを時々思い出します・・☆


やっと行き着いてからは、ずっと同じレシピで作り続けています♪
といってもとてもシンプルな配合で、混ぜ方などが独特なのだと思います。


お菓子もパンも本当に奥深いですね。特に焼き菓子は顕著に表れるので、シンプルながら
研究が必要だなぁと思います。


今日は自分の好きな音楽について少し書こうと思います♪

お菓子を作っている最中、あまり良い気分でなかったり、悩み事を考えていたり、
絶対に失敗できないというプレッシャー?が強かったりすると、失敗することがあります。


でも、やはり何かを作るときは楽しい気持ちで作りたいので、音楽をかけながら作ります。

いつも同じCDなんですけどね。。オスカーピーターソンかクレモンティーヌです。

もともと音楽には全然詳しくない方なのですが・・・^^;
昔からジャズとヴォサノヴァがすごく好きなんです♪

e0257539_234656.jpg


e0257539_2341715.jpg



音楽をかけながら作るようになってから、作ることがもっと楽しくなったような気がします♪
[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-20 23:09 | ●お菓子

DEAN&DELUCA風イングリッシュマフィン

e0257539_1264449.jpg


以前何かの雑誌で、DEAN&DELUCAの変わった形のイングリッシュマフィンを見て、
ずっと作ってみたいな~と思っていた、この形のマフィン。

実際本物を食べたことがないので、写真だけを参考にしました。。。


e0257539_129077.jpg


自然と厚焼きのマフィンになるので、クラムがもちっとして、これは美味しそう・・!と思ったんですよね。


お粉は春よ恋ブレンドで、イースト使用です。

DEAN&DELUCAのマフィンは中にメープルバターが入っているのですが、
家にはメープルバターがなかったので、バターとマロンペーストを包んで作りました♪

e0257539_1212051.jpg


フォークで裂いてから、トーストしてはちみつをかけてから食べました。

想像通り、しっとりもっちりとしたクラムになって、すごく美味しかったです!


同じパンでも、型や形で食感が変わるのがおもしろいところですね~!
[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-19 13:37 | ●パン

再チャレンジのガレット・デ・ロワ

e0257539_1265841.jpg



今年初めてガレット・デ・ロワを作って、中のクリームが大流出してしまうという失敗をしてしまい、
パイ生地も納得いくものができず・・・。(・・涙も出そうになり・・。

これで冬を終わりたくない・・と思い、再挑戦しました・・・!


生地はフィユタージュ・アンヴェルセで、バター生地で本生地を包み折り込んでいく
逆折込みのパイ生地です。


うまくいくかな~、と不安になりつつも、逆折りの生地は伸びやすいしとても作り易かったと思います!


e0257539_12111859.jpg



中にはカスタードクリームとアーモンドクリームを合わせたフランジパーヌ。

プレーンタイプのガレットが続いたので、ラムレーズンを入れました♪


e0257539_1212273.jpg


フィユタージュアンヴェルセは、私が今まで何度か作ってきたパイ生地に比べて
一枚一枚がパリッとしていて、とっても美味しかったです!



最後の太陽模様の中心が開いてしまったのが残念でしたが、味は美味しかったです!!

太陽模様って難しいですね。模様を描くとき、中心に集中しすぎない方が綺麗に模様が出るのでしょうか。。

少しずつマイナスポイントはありますが、
ブログを通してアドバイスしてくださった方々の言葉を胸に、がんばることができました!
本当にありがとうございました。


まだ寒いうちに、パイを使ったアップルパイなどを焼きたいと思います♪

e0257539_12211093.jpg


美味しくできたら、祖父母に食べてもらいたいと思っていたので、さっそく届けに行きました♪

喜んでくれて私もとっても嬉しかった♪
[PR]
by popo-panbiyori | 2013-01-17 12:28 | ●お菓子